すぐに眠りにつける体温調整方法とは?

このページの簡単な内容

人は眠るときに少しばかり体温が低くなります。この特性を活かし、一度体温を上げてそれから下がろうとするのを利用して眠りやすくする方法があります。

体が眠るぞ!という信号を出しやすくする

すぐに眠りにつくためにすべき事とは一体何でしょうか?
勿論、布団の質を高める、或いは自分の体にフィットしたものにする。
マットレスをより体にフィットさせるものにするなど、物理的に出来る事は多くありますし、最も効果的なのは間違いありません。

しかし、いくら身の回りの環境を整えたとしても自分の体が睡眠に入る信号を出していなければ、眠りにつくことは難しいと言えます。

一度体温を上げて自然に下がる状態を作る

就寝前に体温の調節を行う事で、眠りにつきやすくする事は出来ます。
まず人間というものは、眠っている間体温が1℃程下がっているのです。

温かい食事を食べ、お風呂に入り、そしてストレッチをしましょう。
体を効率的に温めつつ、寝る前には熱を放出させておき眠りやすい状態にしてから、布団にはいるように心がける事が重要です。

そうすると、睡眠環境が整っているよう人であれば、今まで眠りにつくのが遅かった事にびっくりするのではないかと思います。
眠りを意識しながら、ストレッチなどをしてみましょう。

トゥルースリーパー プレミアム
ショップジャパンでお馴染み。仰向けでも横でも均一に体が適度に沈み込む。
寝付きが悪くなる原因の体重の偏りを軽減するマットレス。