毎日眠りにつく時間帯の癖をつける快眠方法

このページの簡単な内容

普通の人は自然に眠たくなってきます。それは体がそろそろ寝ようとするタイミングを覚えているからです。このタイミングを身につけてみましょう。

お昼に寝てしまうと夜寝る癖がつかない

最近は日常生活のストレスから寝つきの悪い人が多いようです。
寝つきが悪いのでストレスがたまり寝る必要のない時間帯につい寝てしまう。
そして、また夜眠りに入る事が出来なくなる。
こうなる悪循環に入ってしまい、どんどん体調は悪くなりますし、寝なければいけないという意識から更に眠る事が出来なくなります。

一番大事なのは眠りに入るための体を作っていく事と、リズムを作る事であると言われています。
人間の体は寝る時は体温が下がるようになっています。

それが眠りにはいる「しるし」であると体に覚え込ませるようなリズムを作り出しましょう。

体が「あっ!こいつ寝ようとしてるな!」と気づかせる

おススメは、眠る2~3時間前にお風呂に入り、眠る前にストレッチを行い意図的に体温をあげてから眠るようにしましょう。
体は熱を放出して体温を下げようとしますので、それを眠りの「しるし」であると認識させる事で、眠りにつきやすくなります。

眠りにつくのが遅い方は、眠りのメカニズムを理解し、その眠りのメカニズムを獲得すべき動いていきましょう。

トゥルースリーパー プレミアム
ショップジャパンでお馴染み。仰向けでも横でも均一に体が適度に沈み込む。
寝付きが悪くなる原因の体重の偏りを軽減するマットレス。