寝付きが悪くて眠れない人はこれをやれ!

睡眠に悩む人のイメージ

すっと眠れる、疲れが溜まらない方法はこれ

  • 体温を少し下げていく
  • 少しひんやりするくらいの枕を使う
  • 自然なアミノ酸サプリメントを飲む
  • 本当に自分に合った香りを嗅ぐ
  • 体の大きさ、体重に合ったマットレスを選ぶ

寝付きの悪さはそれじゃ治らない

寝付きが悪いのには何かが原因があります。その原因を解決すればいいのですが、ほとんどの人がその原因を解決できません。

なぜなら、それは日々の生活でどうしても避けられないことに原因が含まれているからです。

仕事や学校、家庭でのストレス、長年続けている生活習慣。これらは睡眠のために変えようとしてもまず変えられません。病気にでもならない限り変えられません。だから寝付きの悪さは治せないのです。普通は。

すっと眠れる方法いろいろ

寝付きを良くする方法はいろいろあります。

枕を変える、眠る前にリラックスする、マットレスを変える、ストレッチする、お風呂に入るタイミングを変える、アロマなどの香りを嗅ぐ、サプリメントを飲むなどです。

寝付けない原因は放置するのが正解

これらは寝付きの悪さの原因を解決するものではありませんが、寝付きを良くする効果があると言われている方法です。

寝付きが悪い原因をなくせないなら、それを上回る眠りやすい環境を整えてあげる。これが有効な方法です。無理に生活習慣を改めると、それがさらにストレスを招いてしまってさらに悪化する恐れがあります。

夜目が覚めるならこれをやる

これらの方法を試してみて寝付きがよくなったら成功です。しかし、夜に目が覚めてしまう浅い睡眠しかとれない人もいます。この場合は、アロマやストレッチ、お風呂など以外の方法を試すといいです。

というのも、これらの方法は寝付きを良くはしますが、寝ている間にまで睡眠をサポートするものではないからです。

睡眠時間は数時間にも及びます。なので、その寝ている間ずっと作用してくれる、枕、マットレスの交換。サプリメントの使用が望ましいです。これらは寝ている間の睡眠の質を改善、サポートします。寝付きだけでなく、寝ている間も助けてくれるので、朝起きた時に目覚めが全く違ってきます。

  • 寝付きが悪い!
  • すぐに眠れるとこんなに気持ちいい、次の日が爽やか!